Skip to content

環境問題と不用品回収による打開と世界

深刻化する中国の環境問題は、同時に日本の問題でもある!中国の環境問題はかなり深刻で、中国の環境問題をそのままにしておけば、 日本はもとより世界的な問題になりかねないし、そうなってきています。農薬入りギョーザ事件も日本の食の安全に マイナスのインパクトを与えた。 結局は、事件の真相は解明されないまま迷宮入りのようですが、こんなことを平気でする国だから環境問題も安易に考えていると言わざるを得ない。確かに中国は急速に経済大国となりつつあるが、 いろいろな問題が山積しているように思えます。 この度のチベット問題や農薬入りギョーザ事件にしても、 中国が国際社会から認められるためには、 随分時間を要するような気がします。あれだけ広大な土地と13億の人間と55の民族より成り立っている国ですから、 そう簡単には山積している問題は解決しないでしょう。

寿命を迎えた冷蔵庫、あるいはエアコンは、家電リサイクル法が施行されたことで、家庭用電気製品の店に引き渡しをすると、家電製造会社によってフロンの回収作業が行われます。
粗大ごみに関して、家具は1人で処理することは困難ですし、引越し日が回収日に合わずにずっと置いておけないですから、粗大ゴミや不用品などを回収して回る業者を見付けると安心で便利です。
わが国での廃棄物(=ごみ)が出される量は1年ごとに増加し続けて、ゴミ処理能力以外にも処理場若しくは埋め立てる土地の不足という多くの問題が山積みになっています。
有害な廃棄物質の越境移動がされる理由として、廃棄物の発生国においての処理コストが上がったことや処理する能力不足ほかが言われていて、重大な環境汚染に直結すると言われます。
熱帯地域もしくは亜熱帯の場所では、人口増加の一方で、食料生産量が減少し、乾燥・半乾燥地域を始め、貧困エリアの飢え、難民発生の危険性が増すと推定されている。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*