Skip to content

地球環境問題の中のゴミ問題

地球環境問題には様々なものがありますが、典型的なものは、1. 地球の温暖化、2. オゾン層の破壊、3. 酸性雨、4. 森林(特に熱帯林)の減少、5.野生生物の種(生物多様性)の減少、6. 砂漠化、7. 海洋汚染、8. 有害廃棄物の越境移動、9. 開発途上国における環境問題等の9つが挙げられます。発生したゴミたちが、地球上で、次から次へと拡大。その悪さは、地球の大地、海、空、空気に打撃を与え、深刻な事態を招いているのです。このような自然破壊は、地球上のあらゆる食物連鎖に影響し、人類を破滅へと急がせます。

環境汚染とゴミ

水が汚染される理由としては、いわゆる産廃を挙げることができます。産廃の内でも、有害な物質(ダイオキシンあるいはPCB、ヒ素や鉛など)が原因の水質の汚染は真剣な問題です。
温室効果ガス濃度が上がることで地表の平均気温を上昇させ、気温上昇により、海の水が膨張し、極地あるいは高山地にある氷が溶解してしまう事が原因で海での水位の上昇原因となる。
進行する熱帯林の破壊は大問題です。自然による淘汰に比べ1万倍もの速さで000倍の速さで”この30年以内に熱帯の鳥類や植物の4分の1もが絶滅をすると絶滅してしまうと
一般廃棄物の中には生ゴミや紙類、パック、プラスチック、アルミ缶など家庭からはゴミがでるものです。家具を始め粗大ゴミを除いて、燃えるゴミと燃えないごみに大きく分けて収集ののち、処理されます。
生活のレベルで地球の温暖化或いは、地球の環境ほかの地球問題を解決しようと考えるときに、ゴミ処理の問題を除外することができません。地球には大変豊かな自然がたくさん有ります。

環境問題と不用品回収による打開と世界

深刻化する中国の環境問題は、同時に日本の問題でもある!中国の環境問題はかなり深刻で、中国の環境問題をそのままにしておけば、 日本はもとより世界的な問題になりかねないし、そうなってきています。農薬入りギョーザ事件も日本の食の安全に マイナスのインパクトを与えた。 結局は、事件の真相は解明されないまま迷宮入りのようですが、こんなことを平気でする国だから環境問題も安易に考えていると言わざるを得ない。確かに中国は急速に経済大国となりつつあるが、 いろいろな問題が山積しているように思えます。 この度のチベット問題や農薬入りギョーザ事件にしても、 中国が国際社会から認められるためには、 随分時間を要するような気がします。あれだけ広大な土地と13億の人間と55の民族より成り立っている国ですから、 そう簡単には山積している問題は解決しないでしょう。

寿命を迎えた冷蔵庫、あるいはエアコンは、家電リサイクル法が施行されたことで、家庭用電気製品の店に引き渡しをすると、家電製造会社によってフロンの回収作業が行われます。
粗大ごみに関して、家具は1人で処理することは困難ですし、引越し日が回収日に合わずにずっと置いておけないですから、粗大ゴミや不用品などを回収して回る業者を見付けると安心で便利です。
わが国での廃棄物(=ごみ)が出される量は1年ごとに増加し続けて、ゴミ処理能力以外にも処理場若しくは埋め立てる土地の不足という多くの問題が山積みになっています。
有害な廃棄物質の越境移動がされる理由として、廃棄物の発生国においての処理コストが上がったことや処理する能力不足ほかが言われていて、重大な環境汚染に直結すると言われます。
熱帯地域もしくは亜熱帯の場所では、人口増加の一方で、食料生産量が減少し、乾燥・半乾燥地域を始め、貧困エリアの飢え、難民発生の危険性が増すと推定されている。

粗大ゴミと社会貢献

粗大ごみの定義は家具や家電製品・大型ごみ等で,指定袋に入らない大きさの物になります。市の指定袋に入る大きさで,片手で持ち上げても袋が破れない重さの物であれば,燃えるごみか燃えないごみとして出すことができますが、そうした不要なものでも、出来るだけ有効活用できるように最善の努力をすることが、今の世の中、社会貢献につながります。